Oral Studio 4U

お口のギモン

A A A 文字サイズ:
2013年9月20日登録

時間がない時のお口のケアはどうすればよいでしょうか?

外出先でランチをとったり、トイレが混んでいたり、歯磨きをする時間や場所を確保するのは意外と大変です。ちょっとした時間で効果的にお口をケアするには、どのような方法が一番効果的でしょうか?
正解です!おめでとうございます!
残念!不正解です。
歯ブラシだけでブラッシングするのが効果的です!

歯磨きをする一番の目的は歯にこびりついたプラークを取除くことです。プラークは、歯垢(しこう)とも呼ばれ、歯にべったりとくっついた細菌の塊のことです。食べかすとは違うので注意が必要です!

プラークは、お口の中のムシ歯菌がネバネバした成分を作り出して、自分達の住処を作って歯にべったりとこびりつきます。水圧くらいの力で取除くことはできません。

また、プラークには内部の細菌を守る働きもあります。市販の洗口液ではプラークの深部にまで作用できませんので、ムシ歯菌にとっては快適な環境です。

よく、プラークと食べかすを混同されている方がいらっしゃいます。食べかすは、文字通り食べ物の断片で、プラークのようなムシ歯菌の塊ではありません。爪楊枝を使えば、食べかすをとることはできますが、プラークを効率よく取り除くことはできません。

プラークは歯ブラシで歯を磨くことである程度取り除くことができます。プラークを取除く目的で歯磨き粉は特に必要ありません。ですから、外出先でも歯ブラシ一本持っていれば、簡単にオーラルケアができるんです。
これ知っている?お口のギモン:おでかけ編:時間がない時のお口のケアはどうすればよいでしょうか?をはてなブックマークに追加

スペシャリストを探す