Oral Studio 4U

お口のギモン

A A A 文字サイズ:
2013年9月20日登録

歯ブラシセットを忘れちゃった!歯磨きの代わりに何をすればよいでしょう?

歯の表面にはプラークと呼ばれる細菌の塊がくっつきます。歯の表面がヌルヌルしてることってありますよね?この正体がプラークです。プラークは放っておくとムシ歯や歯周病の原因になってしまうので、定期的に取除く必要があります。

でも、歯ブラシがない時って、どうすればプラークを減らすことができるでしょうか?
正解です!おめでとうございます!
残念!不正解です。
食べ物を咬むことでプラークを取り除くことができます。

実は、食事の前よりも食事の後の方がプラークは少なくなっています。これは、食べ物を咬むことで歯の表面のプラークが剥ぎ取られているからなんです。ですから、オーラルケアの基本は「よく咬むこと」です。

プラークは、ムシ歯菌が作ったネバネバ成分でできていて、歯にしっかりと粘着しています。水でゆすぐくらいでは取ることはできません。

また、柔らかい食べ物は咬む必要がなくなるので、よく咬んで食べることができなくなるので、プラークを取り除くには効果的ではありません。

よく咬むことは食事を味わい消化を助ける効果もありますから、いいことずくめですね!
これ知っている?お口のギモン:おでかけ編:歯ブラシセットを忘れちゃった!歯磨きの代わりに何をすればよいでしょう?をはてなブックマークに追加

スペシャリストを探す