Oral Studio 4U

噛むニュース

A A A 文字サイズ:
2014.01.23
妊娠中の喫煙が口唇口蓋裂のリスクを上げる
2014.01.30
子どもの言語能力に兄姉の働き
歯周病
運動
高血圧
炎症
2014.01.27

運動不足の男性は歯周病のリスクが高い

運動不足の男性は歯周病のリスクが高い
昨今、歯周病と全身疾患との関係が注目を浴びていますが、さらに運動不足の男性は定期的に運動をしている男性よりも歯周病のリスクが高いという報告がありました。

ドイツのハノーバーメディカルスクールで、45歳から65歳の運動習慣がなく普段座っている姿勢が多い男性72名を集め、運動機能と歯周病との関連を調査しました。その結果、30名が中等度の、12名が重度の歯周病で、運動機能の低下と年齢に比してその傾向が強くなることを発見しました。

歯周病は、歯周ポケットの中に潜む細菌に対する炎症反応であることから、定期的な運動による抗炎症効果や高血圧の予防効果が失われた結果、運動不足であると歯周病のリスクが高まるのではないかと考えています。

歯周病は重症化する前に進行を止めることが可能です。普段座っている事が多く、歯茎が腫れや、歯ブラシでの出血、歯茎が下がってきているといった自覚症状のあるかたは、早めに歯周病専門医にご相談されてはいかがでしょう。
Moderate and severe periodontitis are independent risk factors associated with low cardiorespiratory fitness in sedentary non-smoking men aged between 45 and 65 years http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jcpe.12183/full
『運動不足の男性は歯周病のリスクが高い』を読むをはてなブックマークに追加
2014.01.23
妊娠中の喫煙が口唇口蓋裂のリスクを上げる
2014.01.30
子どもの言語能力に兄姉の働き

スペシャリストを探す