Oral Studio 4U

噛むニュース

A A A 文字サイズ:
2013.12.13
米CDCの年次報告書に歯周病が追加
2013.12.20
歯磨き粉の売れ筋ランキング
研究開発
歯の再生
2013.12.17

ヒトの皮膚からエナメル質を作る細胞を作成

ヒトの皮膚からエナメル質を作る細胞を作成
エナメル質を作る細胞(エナメル芽細胞)は生後に消えてしてしまうのでエナメル質は再生しません。ですから、歯科医はエナメル質が欠けてしまうと詰め物や被せ物をして歯を守ろうとします。しかし、将来的にはエナメル質を再生させて元通りに戻してしまうことが可能になるかもしれません。

九州大学大学院歯学研究院口腔病理学研究分野の坂井英隆教授らの研究グループは、歯が作られる初期段階で重要な働きをしていると考えられる遺伝子を発見しヒトの皮膚細胞に導入したところ、エナメル芽細胞が産生する特有なタンパク質を含んだ石灰化物を作り出す細胞ができることを発見しました。

皮膚細胞に導入した遺伝子は、サイモシンベータ4(Thymosin beta 4)という遺伝子で、ほとんどの哺乳類が持っており細胞の骨格の制御に関わる細胞として育毛促進や血管新生などの作用が研究されている。

エナメル質だけでなく、象牙質やセメント質を含む「歯の再生」は、東京理科大学の辻孝教授らの研究グループが既にマウスの歯胚(歯の原型となるタマゴに相当するもの)を使って既に成功しています。しかし、歯を再生させるためにヒトの子どもの歯胚を取り出すというのは倫理的ではありません。

今回の発見は自分の皮膚を利用してエナメル芽細胞を作りだすという点でこのような倫理的問題をクリアできる可能性があります。しかし、サイモシンベータ4によって皮膚細胞がエナメル芽細胞へ変化する過程で、どのような遺伝子発現が起こっているのかを詳細に解明するまでヒトへの応用はできないので、今後の研究の進展が待たれます。
プレスリリース「Thymosin beta 4遺伝子導入による歯原性上皮細胞作製の可能性」 http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2013/2013_12_03.pdf
『ヒトの皮膚からエナメル質を作る細胞を作成』を読むをはてなブックマークに追加
2013.12.13
米CDCの年次報告書に歯周病が追加
2013.12.20
歯磨き粉の売れ筋ランキング

スペシャリストを探す